PCクラッシュは突然に!最近流行りのやばいウィルスからあなたの大切なデータを守るための簡単なTIPS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
20151207backup
こんにちは!
最近Windowsの調子が悪いので、リカバリーをかけたいと考えているせおゆりかです!
どうも、ここんところすごいタチの悪いウィルスが流行っているそうです。
ハードディスクのすべてのデータをvvvって拡張子に変えるという。
んなアホな、って思ったでしょー?
いつ来るかわからないのが、ウィルスなんです。

防御は間に合わないそうです。
事後の検出ができるのがカスペルスキーのみらしい。
さすが。
でも、そのカスペルスキーをもってしても事後検出だから、かなり厳しいです。
ただ、これはデマだということも言われていますが、用心に越したことはないです。
では、その用心方法を教えちゃいましょう!

1 クラッシュからあなたのPCを守る方法

それは、HDDバックアップのみです。
ウィルスソフトすらあなたのPCなんぞ守ってくれません。
自分の防御は自分で。
泣くのはあなたのです。

2 バックアップ方法って?

2ー1 手動バックアップ

個人的には手動がオススメです。
必要なファイルのみを残しておけるのと、いらないソフトを入れる必要がないためです。
たとえば、
  • 写真データのみは死守したい
  • これまで書いた原稿は残す
  • 経理データないとこれまでの苦労が水の泡
みたいな、本当にこれないと命すら危うい、っていうデータのみを取っておけばいいんです。
手動バックアップ方法です。
1 PC本体に外付けHDDを取り付ける
最近でしたら、1TBの外付けHDDも1万円切ってるので、安くなりましたよ!
私が買ってた時は、250GBで15000円とか…

(何年前の話だ)

2 外付けHDDにデータを移す
この写真みたいに、デスクトップにあるフォルダごと外付けHDDにポイポイするだけでいいんです。
それだけで自分の写真が守れるんですよ。

フォルダ分けはお好みで。

20151207backup1
3  おしまい
簡単でしょ?
これを例えば、写真を撮影した日にぱぱっと移すとか、そういう感じだったら忘れないじゃないですか。
まとめてやると、面倒なんですよ。
こまめにやるのがポイントです。

2ー2 自動バックアップ

「でも、手動なんてやってらんねーや!」という方は、ソフトを利用したバックアップをオススメいたします。
こちらにも、必ず外付けHDDが必要です。
(PCの中にバックアップをとってうといけないのは、もしPCそのものがクラッシュしたときに保険がなくなるためです)
Windows7のバックアップ機能を利用します。
(参考リンク)
1 コントロールパネルからバックアップを選択
2 バックアップの設定

このような画面が出るので、バックアップ設定をクリック

20151207backup2-5
3 バックアップ先の選択

バックアップ先はUSBでつないだ外付けHDDを選ぶ

20151207backup2-3
4 バックアップ方法を選ぶ
「自動選択」と「手動選択」がある。
自動の場合は、Windows7の設定などもまるっと保存してくれるので、もし全部クラッシュしたときに元通りに復元してくれる。
手動だと、先に書いていた好きなフォルダのみのバックアップになる。
お好みで。

今回は「自動選択」を選んだ。

20151207backup2-4
5 項目を選ぶ
私の場合は、この項目のみだったが、別途あるかもしれないのでそれぞれ選ぶ。
また、スケジュールを自分で決めておく。
起動中にしないといけないが、作業中に始まるとめちゃくちゃ重いので、寝てる時がいいかも。

そしてすべて設定し終わったら、「バックアップを実行」をクリックして完了。

20151207backup2-5
どうでしょうか?
両方とも、そんなに難しくないでしょう。
ソフトを使うと使い方を思い出さないといけないので、ちょっとアレですが…
あなたにあったバックアップ方法を選んで、しっかり自分のデータを守りましょう!

SNSでもご購読できます。