よくある写真に文字入れするときに陥る罠。その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
before-after2-1-300x198

さてさて。

前回から間が空きすぎまして、申し訳ありません。

前回の記事の確認もしておいてくださいね^^

よくある写真に文字入れするときに陥る罠。その1

 

今回は、この続きです。

どのへんが続きかというと、

before-after2-1

これが、前回の記事で終了した状態です。

まだまだ修正の余地があります。

 

1 写真の色味がぶっさいく

元々の写真があまりよろしくないので、修正のしようがないというのが個人的な意見なのですが(汗)、どうにか修正しましょうかね…
(写真をもう少しよく撮る方法もまたアップしてやろうと誓いました)

 まず、この「レベル補正」というものを使って、色味をキレイに整えます。

レベル補正

つまみを左右から真ん中に寄せます。
これはあまりよい見本ではないので、例にはならないのですが、暗くてぼけている写真なら、この作業だけで写真がシャッキリしますよ。
お試しあれ。

レベル補正2 

一応、完成品。
見本がもひとつ(しつこい)なので、あまりわかりにくくてスミマセン。
次回以降に写真の色調補正も上げます。

before-after2-2 

 

2 フォント(字型)を変える

もー何度もぶっさいくっていった事か…
私はこのフォントがあまり好きではありません。

初心者は、基本的にWindowsを使用しています。

デフォルトのフォントは、MS(P)ゴシック・MS(P)明朝です。

それ以外のものを使うと、かっこいいと勘違いしてしまい、この例のような「HGS創英角ポップ体」を使ってしまいます。

これは、よくある勘違いですよね。

あなたにも覚えがありますよね!!!?

これは、大変ダサイです。

ええ、大変痛いです。

HGS創英角ポップ体 アイタタタ…

 大変痛いので、

脱・初心者しましょう。

 

結婚式だと、やっぱりこんな太い字よりも、繊細な方がいいですよね。

なので、こんな英字フォントを使ってみました。

英字フォント

 あと、流れるような感じの方がより結婚式っぽいので、斜体にしてみました。

before-after2-3

こんな感じで完成です。 

最初の写真よりも、より結婚式っぽい感じになりましたよね。

 

次は、もっとキレイな写真にする方法を伝授します。

この見本の写真、ぶっs(ry

 

失礼しました。

 

 

SNSでもご購読できます。